top page | とりこのすすめ





2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

ピックアップ

最近のエントリー

最近のコメント

アーカイブ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 6.1.2

Copyright info@Mackers & D.S,
All rights reserved.

お問い合わせはこちらから。

« 強力カージョキン散布 | メイン | Best MOTORing 2005.7月号 »

2005年6月 7日

AppleがIntelのCPUを採用

WWDC 2005にて、AppleのMacintoshにIntelのCPUが使われる発表がありました。いやいや、ウワサじゃなかったんすね・・・。

PowerPCやめてPentiumをセレクトしたのはなんでかなぁ・・・。やっぱ熱量?PowerPC G5の熱量は結構なモンで、それでPowerBook G5を作り出すのも容易じゃないなんてどっかのニュース記事であったけど。

理由は知る由もないけど、PowerPCで動いてるMac OS Xだと、Intel環境でコンパイルしたプログラムは動かなそうだよね。なんか仕掛けあるのかな?

逆はあるみたい。Intelで動いてるMac OS Xだと、PowerPCをエミュレートしてPowerPC用に作ったプログラムも動くんだとさ。下位(?)互換は保つらしい。もはやPowerPC環境がクラシックみたいですね。でも動作はやっぱ遅いらしい。

なに。またMacを買い替えろってかい?えー!?まーとにかく、しばらく状況を観察しなきゃですね・・・。

でもヤダなぁ。会社にあるようなパソコンでもMac OS Xのインストールが可能になると、結構不具合出て評判落としそう・・・。Apple自体の規模がもっと大きくなんないと対応できないと思いますよ、きっと。

基本はAppleから販売される、MacにしかMac OS Xをインストールできないようにして欲しいかも。んで、密かに裏技的にバックドアみたいなんを残しておいて欲しいな。そこを突っつくと、Mac OS Xをパソコンにもインストールできる、みたいなの。

その方が楽しいじゃん?

投稿者 D.S : 2005年6月 7日 23:23


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.infoatmackers.jp/weblog/mt-tb.cgi/53


コメント




保存しますか?