top page | とりこのすすめ





2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

ピックアップ

最近のエントリー

最近のコメント

アーカイブ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 6.1.2

Copyright info@Mackers & D.S,
All rights reserved.

お問い合わせはこちらから。

« Re4:サーキット走行 初めてのFSWショートコース | メイン | さくら »

2007年4月 2日

Re5:サーキット走行 初めてのFSWショートコース

次の日、朝一番で病院へ。受付で状況と症状を伝えて、整形外科と脳神経外科で診てもらうことにしました。

それとレントゲンとCTスキャンも。これは希望しましたが、たぶんどのみち撮ることになってたと思います。MRIも受けてみれば良かったかな。

CTスキャンは初めての体験でちょっと緊張しましたが、昔から偏頭痛持ちで、頭ん中どうにかなってるんじゃ?といつも気になっていたので、ある意味良い機会でした。

診断結果は脳震盪と頸椎捻挫。骨にも異常はなかったし、内出血などもしていなかった。良かった・・・。

それから現在。まだ完治とまではいきませんが、概ね通常通りに過ごしています。同じ姿勢をずっと続けると辛かったり、首に対して無理に力がかかると「ピリッ」と痛かったりしますけど、それももう気のせいなのかも知れませんね。

・・・さて。いやいや、長々とシリーズみたいに書いて来ましたけど、総括(?)するとアレですね。何事も、一生懸命になってがんばることはとても良いことだと思います。でも、それで何かをフイにしてはいけないのですね。

きっと一生懸命の中にも、実はさらにレベルがあるのでしょう。そしてその最高点である、ある一歩を超えてはいけないのだと思いました。

そういう紙一重なところを見極めながら、今後もクルマを走らせていきたいですね。・・・とはいっても、思ってみても、タイムに目がくらんで、そうはいかないのが人間・・・かな。


難しかったな。

投稿者 D.S : 2007年4月 2日 00:27


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.infoatmackers.jp/weblog/mt-tb.cgi/238


コメント




保存しますか?