top page | とりこのすすめ





2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

ピックアップ

最近のエントリー

最近のコメント

アーカイブ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 6.1.2

Copyright info@Mackers & D.S,
All rights reserved.

お問い合わせはこちらから。

« 2007 SUPER GT 第3戦 富士 なんちゃってレポート3 | メイン | 2007 SUPER GT 第3戦 富士 なんちゃってレポート5(ほとんど番外編) »

2007年5月 6日

2007 SUPER GT 第3戦 富士 なんちゃってレポート4

第1回目の公式予選の結果、残念ながらZ勢の中でスーパーラップ(第2回目の公式予選)に進出できたのは#12 カルソニック インパル Zのみでした。

一発の速さは新型エンジンでも得られなかったのか・・・。見ていて、直線でもNSXよりは若干速いかな?と思うことはあるけれど、SC430と比べると速いとは言えない印象でした。「直線番長」にはちょっと遠いかな。

決勝では、#23と#22で、リアフェンダーの形状をそれぞれ変えてのぞんでみたりしているところが、苦心の現れのようでした。


GT500公式予選正式結果

Pos No Car Time
1. #18 TAKATA 童夢 NSX 1'33"066
2. #1 宝山 TOM'S SC430 1'33"550
3. #8 ARTA NSX 1'33"858
4. #17 REAL NSX 1'33"887
5. #12 カルソニック インパル Z 1'33"949
6. #38 ZENT CERUMO SC430 1'33"972
7. #32 EPSON NSX 1'34"418
8. #39 デンソー サード SC430 1'34"667
9. #100 RAYBRIG NSX 1'34"907
10. #25 ECLIPSE ADVAN SC430 --
11. #23 XANAVI NISMO Z 1'34"582
13. #22 MOTUL AUTECH Z 1'34"785
15. #36 YellowHat YMS モバHO! TOMICA Z 1'34"930
16. #24 WOODONE ADVAN Clarion Z 1'35"118

※上位10位は、スーパーラップのタイム
※No.25は、2007年JAF国内競技車両規則第1編第7章第3条3.1.2(最低地上高)違反により、SLタイム抹消のペナルティを課す。

投稿者 D.S : 2007年5月 6日 14:30


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.infoatmackers.jp/weblog/mt-tb.cgi/249


コメント




保存しますか?