top page | とりこのすすめ





2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

ピックアップ

最近のエントリー

最近のコメント

アーカイブ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 6.1.2

Copyright info@Mackers & D.S,
All rights reserved.

お問い合わせはこちらから。

« Finderから見えなくなる、謎な属性 drwxr-xr-x@ | メイン | ワクドキ★オイル交換Part.13 »

2007年11月12日

iTunesの迷惑な並び替え機能

いつのiTunesからなのか全く覚えがないのですが、曲一つ一つの情報に、「並び替え」と言う設定が増えています。

最初からこの仕様だったら混乱はないのですけど、これまでiTunesに登録してきた膨大な数の曲はこの仕様が適用される前の仕様で登録されたもので、当然、「並び替え」という項目に対する設定がなされていません。

この環境でどんな弊害があるのかと言うと、「並び替え」項目に情報が埋まっている曲とそうでない曲は、例え同じアーティストの曲であっても、別のアーティストとiTunesは見なしてしまうのです。(全てかどうかは検証できていませんが。)

例えば、最近
iTunes Store
から購入した大塚愛嬢の
LOVE PiECE」は、この「並び替え」項目が埋まっています。しかし、以前購入した別の曲はこの項目が埋まっていないため、iTunes的にはそれぞれ別のアーティスト、つまりこの場合は別の大塚愛と見なして管理するのです。


こんな風に別扱い・・・。

えーっ!?な感じでしょ。この項目を無効にする設定があればまぁ良いのですけど、無いですよね?探したけど無かった。

結局今のところの対策としては、どちらかに合わせて入力し直すしかありません。ウチは、膨大な曲を全て設定し直すだけの気力が無かったので、「並び替え」項目が埋まっているものに対して消去することで対応しています。


いっぱい設定されている項目を・・・。


きれいサッパリ消す、と。めんどくさー。

・・・他に何か良い方法あったらぜひ教えてください。

----

Update 2008.07.26

「並び替えフィールド」を使えば概ね解決できそうです。

  1. 同一と認識させたいアーティストの曲を一曲選択。
  2. 右クリック ->「情報を見る」->「並び替え」タブを選択。
  3. 「アーティストを並び替え」のフィールドに「おおつか あい」と入力し(あくまで例)「OK」ボタンを押す。
  4. 今編集した曲をもう一度選択して、右クリック -> 「並び替えフィールドを適用」-> 「同じ アーティスト」を選択。

これで「並び替え」項目の内容にバラつきがあっても、同じアーティストとして統合されます。

アーティスト名が微妙に違って、「大塚愛」と「大塚 愛」だとどうなるのか・・・。

投稿者 D.S : 2007年11月12日 00:00


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.infoatmackers.jp/weblog/mt-tb.cgi/409


コメント

あ、ちなみに上のコメントは、アルバムと名前の並び替え項目を消すのみになってますね。
Windowsのほうの例なんて名前の並び替えのみだし・・・
その辺は適宜適当に書き換えていただく感じで。
(今手元にサンプルがないのでXMLのタグ名がわからず)

この辺の色々な作業、Linux化してる今のMacだとコマンドライン使いには非常に便利そうですねぇ・・・。

投稿者 nagatyo : 2007年11月20日 12:37



>nagatyoさん

ぎゃあーーーー!!
ごめんなさいすみません。
ご指定のあったコメントを削除しようと思ったところ、肝心のコメントを消してしまいました・・・。
せっかくご投稿頂いたのに申し訳ございません・・・。

投稿者 D.S : 2007年11月21日 14:50



おや、消えちゃいましたか(笑
打ち込んだコマンドだけはLinuxの履歴に残ってたので、少し改良してペタッと。

iTune上でスマートにうまいことやる方法は思いつきませんでした。
その代わりというかなんというか、iTuneが音楽を管理しているXMLファイルを直接編集して、
並び替えの情報に該当する部分を削除する方法が一番楽チンかな、
ということで試してみたのが下のような感じです。
( <と>は半角で書くとHTMLタグと認識されて消えてしまうので、全角で記述しています)

■ Windows上で秀丸エディタを使った場合
秀丸エディタで「iTunes Music Library.xml」を開く
検索→置換 で置換ダイアログを開く
検索テキストボックスに以下の内容
^.*<key>Sort (Album|Name|Artist|Composer|Album Artist)</key><string>.*</string>\n
置換テキストボックスは空欄
正規表現チェックボックスにチェックを入れ、置換実行

■ Linuxの場合(Fedora8@x86で実際にやってみた)
ターミナル上で
grep -vE "<key>Sort (Album|Name|Artist|Composer|Album Artist)</key>" ./iTunes\ Music\ Library.xml > test.xml
として変換したtest.xmlの内容を確認して、問題がなければ「iTunes Music Library.xml」ファイルをtest.xmlで置き換える

■ Macの場合
Mac触ったこと無いのでわかりません・・・。
でも最近のMacはUNIXベースだったと思うので、Linuxの場合と同じような感じでできるのではないでしょうか。

といった感じですかねぇ。いずれにしても万が一のときが怖いので、xmlファイルのバックアップはしっかり取っておいたほうがよいですね。
あ、ちなみにうちのiTuneのxmlファイル内には、ソート項目として
Album/Name/Artist/Composer/AlbumArtist
あたりしか見当たりませんでした。もしかしたら他にもあるかも・・?

何故か同じアーティストが複数できてしまう、というのは以前から謎に思っていました。
謎が解明してすっきりです。情報ありがとうございます。

投稿者 nagatyo : 2007年11月22日 12:47



>nagatyoさん

再びご投稿いただきましてありがとうございます。

Macもライブラリはxmlで持っているので、この戦法でいけそうですね?。こんど一括で消去してみます。

シェルスクリプト書いておくと何かと便利ですね!

投稿者 D.S : 2007年11月23日 15:44



並べ替えフィールドを適用ってするだけで、一括で統一できるのに何言ってるの?

投稿者   : 2008年7月26日 01:29



> ななしさん

おっしゃる通り!

投稿者 D.S : 2008年7月26日 15:24






保存しますか?