top page | とりこのすすめ





2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

ピックアップ

最近のエントリー

最近のコメント

アーカイブ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 6.1.2

Copyright info@Mackers & D.S,
All rights reserved.

お問い合わせはこちらから。

« 借りたり買ったり音楽 #11 | メイン | ドメイン移管とサーバの引っ越し完了 »

2008年3月18日

infoatmackers.jp全域での障害につきまして

このブログに限らず、infoatmackers.jpはとあるレンタルサーバ会社と契約し、スペースを借りて運営しているのですが、そのレンタルサーバ会社が先週末より音信不通です。

2001年から契約しており、時にはかなりひどい対応でしたが、移転を本気で考えさせられるほどではありませんでした。サポートにメールを送っても返ってこないことはよくあることでしたが、データセンタの電話番号を教えていただいたこともあり、何かあればそこへ電話をすればなんとか解決できる状態でした。

ところが、ここ最近ウェブサーバへのアクセス不能な時間帯が増え、ついには先週末から当方宛のメールが一切不達となっています。ウェブサーバより先に、メールサーバがダウンしたようですが、一切の連絡はありません。現在も復旧していません。

時を同じくしてサポートへのメールも不達となり、さらには電話も繋がらない状況です。

一年ごとの契約ですので、既に代金は支払っていますが、このままではどうにもならないと判断し、現在別のレンタルサーバ会社へドメイン(infoatmackers.jp)ごと移管の手続きを進めている最中です。

幸い、当ドメインは汎用JPドメインであり、Auth-Codeを必要としないため、ドメイン移管はそれほど困難ではないと考えられます。Auth-Codeは、ドメインハイジャックを防ぐための文字通り認証コードなのですが、汎用JPドメインはその概念が無いようです。もし、Auth-Codeを必要とするドメイン(.netや.com等々)であれば、現在ドメインを管理している事業者からAuth-Codeの提示を依頼し、受領後、移管先の事業者へ連絡して移管が成立するといったフローのようですので、今回のように、現在ドメインを管理している業者が音信不通な場合、Auth-Codeが受領できず、移管ができないといった状況が残るわけです。

ドメインの移管も不安ですが、ブログの復旧も不安です。

とりあえず、ftpが生きていたのでブログディレクトリごとダウンロードした(はず)なので、画像等はおそらく大丈夫と思うのですが、ブログのデータベースであるMySQLが心配です。

幸い、phpMyAdminでMySQLデータベースのバックアップはできましたが、何ぶんMySQLのバックアップは初めてなもので、インポート(復元)がうまくいく自信がありません。

今後どうなるのか、正直予測もつきませんが、無事に移転(移管)できることを祈ります。

投稿者 D.S : 2008年3月18日 00:41


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.infoatmackers.jp/weblog/mt-tb.cgi/446


コメント




保存しますか?