top page | とりこのすすめ





2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

ピックアップ

最近のエントリー

最近のコメント

アーカイブ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 6.1.2

Copyright info@Mackers & D.S,
All rights reserved.

お問い合わせはこちらから。

« Today's iPhone Movie | メイン | Today's iPhone Movie »

2009年7月26日

フェリペ・マッサ選手、予選中にパーツ直撃

SUPER GT 第5戦 菅生、うれしいことに#1 MOTUL AUTECH GT-Rが勝ち、ドライバーズランキング単独トップに躍り出ました!

うれしい〜!!




・・・なんて思っていたのもつかの間。


ショッキングなニュースが飛び込んできました。


F1-Gate.comより部分引用:

コース上に落ちているパーツ(バリチェロのスプリング)をマッサの左頭部に当たっているのが確認できる。スプリングの重量は約800gとされ、このときマッサは時速280kmで走行していた。

マッサは、この衝撃で脳震盪を起こし、頭蓋骨損傷の怪我を負った。幸い命に別状はなく、搬送された病院で手術を受け、現在は集中治療室に入っている。


動画を見ると、何かが飛んできてマッサ選手の左頭部に直撃しているのが分かります。

他の記事によると、直撃した瞬間気を失い、そのままタイヤバリアに突っ込んだとのこと。

F1-Gate.comより部分引用:

ハンガリーGP予選でルーベンス・バリチェロのマシンの破片がマッサのヘルメットに直撃に、意識を失ったマッサは、タイヤウォールに真っ直ぐ突っ込んだ。

容態が安定しているとのことで何よりですが、心配です・・・。


元気になって帰ってくることを切に願います。

投稿者 D.S : 2009年7月26日 16:52


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.infoatmackers.jp/weblog/mt-tb.cgi/1131


コメント




保存しますか?