top page | とりこのすすめ





2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

ピックアップ

最近のエントリー

最近のコメント

アーカイブ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 6.1.2

Copyright info@Mackers & D.S,
All rights reserved.

お問い合わせはこちらから。

« FF13、現在11章ですが・・・ | メイン | ガソリン代(2009/12月分) »

2010年1月 1日

2010年あけましておめでとう!とブルームーンと部分月食

写真はiPhone 3GSCamera Geniusiconを使って撮影しました。


元日4:22頃の月です。


写真だと分かりにくいですが、若干左下が欠けています。部分月食です。


元日と言えば初日の出ですが、今年はこちらに注目してみました。




・・・というのも、今回この月、ブルームーンと呼ばれる珍しい月なのです。


AstroArtsより一部引用:

「ブルームーン」という言葉は、天文の正式な用語ではなく、定義がはっきりしません。辞書を見ても、「ひと月に2回満月があるときの2回目の満月のこと」という記述は見つからず、たいていは「大気のちりの影響で青く見える月」と説明されています。また、月が青く見えるのはあまり頻繁には起こらないことから、「ブルームーン」は「めったに起こらないような珍しい出来事」の意味で、慣用句として使われることが多いようです。


・・・と言うことで、ブルームーンはひと月に2回満月になる月のことで、主に2回目の満月のことを言うそうなのですが、ただ、どちらもブルームーンと言うこともあるそうです。


語源については定かではないそうなので、この際ひと月に2回の満月は全てブルームーンと呼んじゃうことにしましょう。


今月は1/1(元日)と1/30が満月です。ですから、元日の月はブルームーンなわけです。(←無理矢理)




おまけに今回は部分月食ときました。


sorae.jpより一部引用:

月食は月が地球の影の中に入り、月に太陽光が当たらなくなることでそれが欠けて見える現象。したがって月食が起こるとすれば満月時であり、地球の影に完全に隠れた場合「皆既月食」となるが、元日の月食は月の一部が隠れる「部分月食」。

元日の午前3時51分からかけ始め、最大は午前4時23分。その後元に戻り始め、午前4時54分に終わる(上図トップ参照)。今回は僅か8パーセント程しか欠けないのだが、その様子は肉眼で充分確認することができるものである。


ということで西の空を眺めていたのですが、結構左下の方が欠けていました。


でも写真で撮影すると全然なのはなぜなのでしょうか。不思議。


〜おまけ〜




さて今年も当ブログは続いていきます。クルマやApple関連にこだわらず、気の向くまま徒然なるままに更新していこうと思います。


今年もどうぞよろしくお願い致します。

投稿者 D.S : 2010年1月 1日 15:50


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.infoatmackers.jp/weblog/mt-tb.cgi/1198

このリストは、次のエントリーを参照しています: 2010年あけましておめでとう!とブルームーンと部分月食:

» *〔しーたろう〕のお正月休み* from ガラス瓶に手紙を入れて

皆さまはお正月をいかがお過ごしでいらっしゃいますか?

[続きを読む]

トラックバック時刻: 2010年1月 2日 21:12




コメント




保存しますか?