top page | とりこのすすめ





2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

ピックアップ

最近のエントリー

最近のコメント

アーカイブ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 6.1.2

Copyright info@Mackers & D.S,
All rights reserved.

お問い合わせはこちらから。

« iPhone 4の予約を完全にナメきった結果 | メイン | iPhone 4がやっと手元に »

2010年6月27日

「はやぶさ君」と「イカロス君」と「あかつきくん」

6/13、ISAS/JAXAの小惑星探査機「はやぶさ」が世界に見守られて星になりました。


忘れない。


そんな想いをこのエントリーに残します。
※さりげなく今後、ここを更新していくかも。



宇宙科学研究所(ISAS) A棟展示室より。


イオンエンジンA、B、C、Dが見えます。


6/13当日の、Googleのロゴ。最初見たとき泣けました。


どこかのメディアが撮影した、「はやぶさ」大気圏再突入時の模様。


同じく、どこかのメディアが撮影した、「はやぶさ」大気圏再突入時の模様。キレイだ・・・。


NASAが撮影した、「はやぶさ」大気圏再突入時の模様。壁紙にしています。こちらです。


こちらはNASAが撮影した大気圏再突入時の映像です。タイトル、「Hayabusa's Fiery Homecoming Ends Seven-Year Journey」・・・泣かせます。


「はやぶさ」ラストショット。大気圏再突入で忙しいのに・・・ほんとにもう。下の方が黒いのは、ダウンリンクが間に合わなかったためだそうです。こちらです。


ラストショットを加工したもの。これも壁紙にしています。こちらです。




最後に、


弟分の金星探査機「あかつきくん」、小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS君」、


彼らと「はやぶさ君」の最後のやり取りをまとめられた動画をご紹介します。


涙なしには語れない。


「あかつきくん」、「イカロス君」。


彼らが跡を継ぎます。


これはTwitterでのやり取りが動画化されたものです。


動画化ありがとうございました。





投稿者 D.S : 2010年6月27日 10:50


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.infoatmackers.jp/weblog/mt-tb.cgi/1233


コメント




保存しますか?