top page | とりこのすすめ





2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

ピックアップ

最近のエントリー

最近のコメント

アーカイブ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 6.1.2

Copyright info@Mackers & D.S,
All rights reserved.

お問い合わせはこちらから。

2011年8月24日

MacBook Air(Mid 2011)はOS X Lionディスクから起動できない

知らなかったです。


Mac App StoreからダウンロードしたMac OS X LioniconインストーラからインストールDVDを作り、MacBook Air(Late 2011)はこれを使ってクリーンインストールをしました。

てっきり同じ手法でMacBook Air(Mid 2011)もインストールできるのかと思ったら、蹴られました。
(※リンクはメモリ2GB、HDD64GBモデルです。メモリ4GB、HDD256GBがオススメです。)

OSが古いとかなんとかで。

最近出たMac miniもそうらしいのですが、インストールはリカバリーモードで(Command + Rキーで起動)やるしかないようです。


あ、そうそう。

Mac OS X Lioniconには、リカバリーHDという領域があって、ここにインストーラーやディスクユーティリティなどがおさめられているようです。

リカバリーモードで起動してインストールを始めると、Appleのサーバから必要なファイル群をダウンロードしてインストールが進んでいく仕組みのようです。


もしもディスクユーティリティーでリカバリーHDすら消してしまったらどうなるか。

どうも大丈夫のようです。

リカバリーモードで起動すると、リカバリーHDが無ければAppleのサーバを介してネットブートし、インストールを進めることができるようです。


いずれにしろネットからファイルをダウンロードしたりするので、Wi-Fiだと時間がかかってつらいです。

Apple USB Ethernet アダプタがあった方が良いですね。

投稿者 D.S : 00:00 | コメント (0) | トラックバック (0)




2011年8月23日

麺創研かなで 紅 -KURENAI- 紅らーめん

前々からここの赤いラーメンが気になっていましたがやっと行けました。

結論から言うとかなり美味しい(*´д`*)



食べたのは「紅らーめん」です。

見た目ほど辛くなく、辛い物好きには物足りないかも知れませんが、そういう方には「鬼紅らーめん」があります。


特徴は濃い辛みそスープと、ぶっとい麺。

正直運ばれてくるまではジャンク系なラーメンと思っていなかったのですが、明らかにジャンク系ですね。

温泉卵がついてくるので、それを入れると若干まろやかになります。


上に乗っかっているのは豚肉とキャベツ、もやし、とおがらし。

この豚肉が非常に美味しく、なんだかチゲ鍋食べてるような気分です。


あ、そうそう。

チゲ鍋に二郎の麺を入れた、みたいなラーメンです。


量は麺220gとありますので、普通のラーメン屋さんからすると多いと思います。

確かに多かった。


全体的にとても美味しくまた食べにくると思いますが、ちょっとスープが濃すぎるかも。

たいがいジャンク系なラーメンは濃いですが、みそ味ということもあってさらに濃く感じました。


あ、エプロンを貸してくれるので遠慮なく借りた方が良いですよ。

スープがはねて服につきます(;´Д`)

投稿者 D.S : 13:25 | コメント (0) | トラックバック (0)




2011年8月13日

オーバーヒートとクラッチ修理のため入庫

Central 20に入庫しました。

冷却水が吹き出した原因は電動ファンの不良によるオーバーヒートでした。

Z33の電動ファン不良は結構事例ありますね。

検索したらむちゃくちゃ引っかかる(;´Д`)

処置としては電動ファンを交換してもらい、吹き出した冷却水を入れなおしてもらいました。


次にクラッチ。

これは冷却水の件とは無関係なのですが、ずいぶん以前からこの現象に悩まされてきました。

ここでも何度かクラッチがおかしいと言っていたのですが、2年前の車検の際に、クラッチをオーバーホールしてまして、それで直るだろうと思っていたのですがその後も時折症状が出る始末。

どういう症状かと言うと、クラッチは切れるのですが、走っているとクラッチの踏み応えがだんだんと深くなっていって、ペダルが戻ってこなくなるというものです。

これについてはエア噛みの可能性があり、一回目の入庫の際に(そう、二回入庫しました)エア抜きをしてもらって(結構エアがはいっていたそうです)様子を見ることにしたのですが、引き取り後再発してしまったので、マスターシリンダーとオペレーティングシリンダーを交換してもらいました。

交換後は現象は全く再発しなくなり快適です(*´д`*)


もっと早くにCentral 20さんにお願いすれば良かった・・・。

来月あたりに車検でまたお世話になる予定です。



一回目入庫時。


二回目入庫時。


てか、たしか最後にクラッチフルードを交換したのはディーラーだったはずなのですが、エア抜きもちゃんとしてくれてないなんてこれだからディーラーは・・・(*`Д)


あ、ちなみにマスターシリンダーとオペレーティングシリンダーの交換の様子は、こちらのページに写真付きで紹介されていました。
注:写真はウチのクルマじゃありません。

投稿者 D.S : 14:42 | コメント (0) | トラックバック (0)