top page | とりこのすすめ





2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

ピックアップ

最近のエントリー

最近のコメント

アーカイブ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 6.1.2

Copyright info@Mackers & D.S,
All rights reserved.

お問い合わせはこちらから。

« 麺創研かなで 紅 -KURENAI- 紅らーめん | メイン | ジョブズさん、ありがとうございました »

2011年8月24日

MacBook Air(Mid 2011)はOS X Lionディスクから起動できない

知らなかったです。


Mac App StoreからダウンロードしたMac OS X LioniconインストーラからインストールDVDを作り、MacBook Air(Late 2011)はこれを使ってクリーンインストールをしました。

てっきり同じ手法でMacBook Air(Mid 2011)もインストールできるのかと思ったら、蹴られました。
(※リンクはメモリ2GB、HDD64GBモデルです。メモリ4GB、HDD256GBがオススメです。)

OSが古いとかなんとかで。

最近出たMac miniもそうらしいのですが、インストールはリカバリーモードで(Command + Rキーで起動)やるしかないようです。


あ、そうそう。

Mac OS X Lioniconには、リカバリーHDという領域があって、ここにインストーラーやディスクユーティリティなどがおさめられているようです。

リカバリーモードで起動してインストールを始めると、Appleのサーバから必要なファイル群をダウンロードしてインストールが進んでいく仕組みのようです。


もしもディスクユーティリティーでリカバリーHDすら消してしまったらどうなるか。

どうも大丈夫のようです。

リカバリーモードで起動すると、リカバリーHDが無ければAppleのサーバを介してネットブートし、インストールを進めることができるようです。


いずれにしろネットからファイルをダウンロードしたりするので、Wi-Fiだと時間がかかってつらいです。

Apple USB Ethernet アダプタがあった方が良いですね。

投稿者 D.S : 2011年8月24日 00:00


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.infoatmackers.jp/weblog/mt-tb.cgi/1271


コメント




保存しますか?