top page | とりこのすすめ





2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

ピックアップ

最近のエントリー

最近のコメント

アーカイブ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 6.1.2

Copyright info@Mackers & D.S,
All rights reserved.

お問い合わせはこちらから。

2012年7月29日

ラーメンショップ府中分梅町店 ネギつけそば(大盛り)#ramen

東京は灼熱地獄になりつつあります。

ラーメン好きにとっては劣悪な季節到来って感じですね。

いくらラーメン好きでも、汗をダラダラしてまでは食べたくないボクであります。


さて、とは言ってもラーメンを食べたくなるわけで、夏の間のたいがいはつけ麺で済ませます。

エアコンがばっちりと効いているところなら迷わず熱いスープのラーメンにするのですけど、ラーメン屋ってどうもエアコンが効いてない。

わざとなのかなんなのか知りませんけど、とにかく効いてないところが多く、食べた後は最悪です。


そんなわけで、この季節にドアを全開にしているラーメン屋なんて近寄りたくもないのですけど、なぜかふらっと入ってしまったこのラーメン屋。

赤い看板(?)でおなじみのラーメンショップ。

どこでもよく見かけますね。


ここのラーメンはいわゆる豚骨醤油で、家系とかって分類学になるのかしら。

とにかく、割と中毒性のあるジャンクな感じで、チェーン店の割に美味しいのがポイント。

あまり色々なところのラーメンショップは入ったことありませんけど、たいがい美味しいです。

ただ、ここのお店に限って言うと、麺をゆで過ぎ、湯切りが甘くてスープが薄い、ということがしばしばあります。


本日は初チャレンジのつけそばを。

さっき言ったように、熱いスープのラーメンは無理です。


メニューを見るとネギつけそばがあったのでこれを注文。

ここはネギラーメンが美味しいので外れることはないでしょう。



お客もあまり入っていなかったので、割とすぐにやってきました。

どこかでつけダレがかなり酸っぱいと見たので、どれどれとレンゲで頂いてみましたが本当でした。酸っぱい。



これはちょっと苦手な分類ですね。

酸味が際立ちすぎて、スープの味があまりしない。

冷やし中華ってボクは好きじゃないのですけど、その理由は酢が際立ちすぎるところ。

このつけダレは冷やし中華のそれとは違うのですけど、酢が際立っている点は同じ。

嫌いとまではいきませんけど好きではないですね。



では麺を合わせて頂いてみると、幾分マシになります。

好きじゃないと言っておきながらナンですけど、夏って感じです。

分かります?

たぶん好きな人はこれ好きなんでしょうなぁ。

早いペースで口に運べてしまいます。


先日食べた壱発ラーメンと同じような味かなと勝手に想像していましたが、何もかもが酢って感じで、あちらの方が好みです。

ただ不思議なことに、あちらは後半あきてしまいましたが、こちらは飽きることもなく淡々と食べ進めることができました。

やはり酢のおかげなのか。

麺の量もたぶん同じくらいだったと思うのですけど、不思議なもんです。


味は好みじゃないのに飽きることもなく食べ進められてしまうラーメン。

マジックですな。


やっぱりラーメンショップは熱いスープのネギラーメンが美味しいです。

投稿者 D.S : 15:42 | コメント (0) | トラックバック (0)




2012年7月 1日

壱発ラーメン ねぎつけチャーシューメン(大盛り)#ramen

2008年に一度行ったきりでご無沙汰だった壱発ラーメンに行きました。

実は潮中華KAZEでやっている限定メニューの冷やしスタミナとろとろつけ麺を頂きに来たのですが、残念なことに売り切れの立て看板が。

潮中華KAZEで初めて売り切れにあたってしまった。

もう胃がラーメンしか受け付けない状態になっていたのですが、歩きたくもなかったのですぐ先の壱発ラーメンにお邪魔することにしました。


この日も涼しかったので普通のラーメンでも良さ気な感じでしたが、お店の前にくると扉全開で少なくともエアコンは始動していないなと思ったのでつけ麺を選びました。

メニューでめかとろを発見。

めかぶととろろ。

そうそう、忘れてましたけどこのお店はそれをウリにしてるんでした。

なんの因果か、この日食べるつもりだった潮中華KAZEの限定メニューもめかぶととろろが入っているそうで。


まぁそれは忘れて、めかとろつけ麺にしようかと思いましたがやめて、ねぎつけチャーシューメンにしました。

量は大・中・小とあって、どれでも1000円。

中にしようかと思いましたが思いきって大。

たぶん二郎みたいな量設定ではないだろうと。



うむ。

まぁまぁありますね。

そうでもないか?



チャーシューメンだけあってたくさんのチャーシューにスープが囲まれています。



麺はパッと見はそれほどでもない量に見えますが、持ち上げてみると割ともっそりとあります。


ではまず豚骨醤油のスープを囲んでいるチャーシューを。

薄いんですが柔らかく美味しい。

スープの酸味と相性もいいです。

スープに浮かんでいるチャーシューの欠片も良いですね。

前にも書きましたけど、ラーメンショップの雰囲気です。

ネギも辛みがあって、思えばこの日に気分にぴったりでした。


続いて麺ですが、細いちぢれ麺。

悪くないです。

このラーメンには太麺ではなく、こんな感じの麺が合うのかもしれませんね。

それにしても大盛り、結構量ありました。

400gくらいあったんじゃないかと。

正直最後の方はちょっと飽きてきて中にしておけば良かったと後悔。

でも次来たときもまた大を選んでしまうのでしょう。


以前来たときは味全体が薄く感じましたが、それはもしかしてとろろのせいだったのかも知れません。

この日はとろろを入れなかったので、つけ麺にはバッチリな塩気で良かったです。

皮肉にもウリのとろろが味を薄くさせてしまっているのかも。

とろろ入りのつけ麺を食べたわけじゃないので分かりませんが。

投稿者 D.S : 15:49 | コメント (0) | トラックバック (0)




潮中華KAZE つけ郎(爆盛400g)#ramen

久しぶりに潮中華KAZEへ。

この日は特に予定もなかったので、つけ郎に、ニンニクを入れて食べる気マンマンで行きました。


東京も梅雨に入り気温も高いのですが、この日はそれほどでもなく、つけ麺じゃなくて普通のラーメンを食べても多少の汗をかくくらいで平気かなとも思いましたが、やっぱりつけ麺のつけ郎を頂くことにしました。

以前は爆盛なんて考えられませんでしたが、一回でもこの量を食べてしまうとそれ以外では物足りなくて、それ以来ずっと爆盛400gです。



この日は予定していたニンニクに加えて、とうがらしと魚粉をトッピング。

最近はとうがらしと魚粉はデフォルトになっています。



さて、運ばれてきたつけ郎はあいかわらず食欲をそそる有り様。

そして麺はツヤツヤで口に運ばなくてもモチモチ感が伝わります。



いきなり麺をスープに入れてガツガツとやるのもいいんですが、レンゲでスープを軽く口に。

ニンニク、とうがらし、魚粉が鶏ガラスープに良く合ってる。

ニンニクはやっぱいいですね。


その後は何も考えずにガツガツとズズっと頂きました。

野菜増しにしても良かったかな。

投稿者 D.S : 13:59 | コメント (0) | トラックバック (0)