top page | とりこのすすめ





2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

ピックアップ

最近のエントリー

最近のコメント

アーカイブ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 6.1.2

Copyright info@Mackers & D.S,
All rights reserved.

お問い合わせはこちらから。

2012年8月27日

潮中華KAZE つけ郎(爆盛400g)#ramen

また相模原方面へ行く用事がありましたので、迷わず潮中華KAZEへ。

今日こそは限定を食べるつもりだったのですが・・・。

お目当ての限定は終了していたようで、結局つけ郎に。


つけ郎がイヤなんじゃなくて、ここのお店はいろいろチャレンジをしているので、予想するに限定もきっと美味しい。

そういう意味で限定に手を出してみたいのですけど、この日の限定は熱いラーメンだったのであきらめました。

この季節、何度も書いていますけど熱いラーメンは無理です。

よっぽどその後予定がない日じゃないととても無理。

汗をかくのはイヤです。


ということでつけ郎の爆盛り。

毎度おなじみですね。

前回は食後に予定がなかったのでニンニクを入れましたがこの日はそれは叶わずニンニク抜き。

トッピングは魚粉ととうがらしにしています。



iPhoneで撮影しているんですけど、なんかブレているような気がするんですよね。

HDRをオンにしているのがいけないんですかね。


熱くないラーメンと言えばここにはまぜ郎というメニューがあります。

実はいつもこちらを選ぼうと思っているのですけど、ふと席に座ると、あのつけ郎の味が蘇ってきて、結局つけ郎を選んでしまいます。

こういうことってないですか?

気に入ったメニュー以外を食してみたいものの、でも結局お気に入りの一品を頼んでしまう。

経験値が上がりませんね。


そういえば久しぶりな気がしませんでしたが、前回食してから一ヶ月以上経過しているのですね。

ここは毎日食べられるラーメンなので、いっそ相模原に引っ越そうかとも思います。

うそですが。


あ、今回は黒烏龍茶をお店の前の自販機で買って中に入りました。


投稿者 D.S : 01:23 | コメント (0) | トラックバック (0)




2012年8月26日

MacBook(Late 2008)を下取りに出す

Apple Store下取りサービスに出すのは初めてです。

これまでは古くなった機種はゲリラ的に売ったりあげたりしていましたが、Apple Storeで1万円以上購入した場合は、この下取りサービスでさらに査定価格15%アップとのことで、のっかってみることにしました。

査定価格アップは一応期間限定のようなのですけど、割といつもやっている感じですね。


下取りに出すのはMacBook(Late 2008)です。

発表時に一目惚れしたのをよく覚えています。

そしてかなり思い入れのある機種。

ガラス製のマルチタッチトラックパッドには本当に感動しました。

そしてアルミ削りだしのユニボディ。

いまとなっては当たり前なことが、当時は本当に新鮮でした。


そういえば不具合が一つありましたね。

ディスプレイの輝度を変更するとなぞのウィーンと言う異音が発生する自称。

これは結局初期不良扱いで本体丸ごと交換となりました。


アルミボディでMacBookの名前を冠する唯一の機種。

これがMacBook(Late 2008)でした。

以降はMacBook Proと名前が変わり、単なるMacBookシリーズは消滅しました。

現在はMacBookに相当するのはMacBook Airなのでしょうね。


話がそれましたがうまくいけばまず35,000円で買い取ってくれるそうです。

何かをこぼしたり傷をハデにつけたりはしていないので、35,000円で買い取って頂ければ嬉しいですね。

あとはそこから15%アップで5,250円プラスされるかどうか・・・ですね。


うーむ。

新しいiPhoneを買う足しにはなりそうです。

投稿者 D.S : 15:25 | コメント (0) | トラックバック (0)




2012年8月19日

幸楽苑 塩ねぎらーめん(大盛り)+半チャーハン #ramen

暑い。

暑すぎます。

そしてラーメン好きにとっては本当に困った季節です。

日本は良い国ですが、夏は要らない。


さて、潮中華KAZEに行こうと思いましたが運悪く休み。

しかしながらラーメンしか受け付けない胃袋になっていましたのでなんとしてもラーメンを。

しかも熱いラーメンではなくつけ麺のうまいところ。

もしくはクーラーが効いているラーメン屋。

非常に限定的な条件ではありますが残念ながら必須条件です。


時間もないことですので、「ラーメンマップ」でチンタラ探している暇もなく、結局クーラーがちゃんと効いていそうな幸楽苑をチョイス。

チェーン店はこういう時に大変良いです。

設備がしっかりしていますからね。

しかも幸楽苑は割とお気に入り。

チェーン店と言っても美味しいです。

チェーン店はまずいとか思っている人は、普段どんな食べ物食べているのか知りませんけど改めた方が良いですね。


ここに来るとどうしてもいつも同じものを頼んでしまいます。

それだけ気に入っています。

「すごい美味い!!」

ってわけじゃないんですけど、明らかにこれより劣っているラーメン屋は数多くあるはず。

毎日でも食べられるラーメンです。


その同じものとは「塩ねぎらーめん」。

いつも大盛りを頼みます。



ねぎがもっさり。

ちょっとラー油がたらしてあってスープ、麺、ねぎととても良くあいます。

飽きない味ですね。

ぜひご賞味ください。



今回はなにか相当の満腹感を得たかったようで、半チャーハンなんてものを一緒に頼んでしまい、かなりのカロリーオーバーになってしまって後で後悔しました。

半チャーハンに関しては特筆すべき点は一切ありません。



美味しくないなぁと思いながら発明した食べ方は、レンゲに少しラーメンのスープをすくって、それからチャーハンをすくって一緒に食べるという手法。

たいぶマシになります。

ラーメンの丼にチャーハンを突っ込んでしまった方が早いかも知れませんね。

投稿者 D.S : 04:30 | コメント (0) | トラックバック (0)




2012年8月12日

ウェザーニュースタッチは生まれ変わってほしくなかった件

すぐに修正が入るのかと待っていましたが、全然入りませんね。

iPhoneで使っているお天気アプリ、ウェザーニュースタッチiconは通知機能(スマートアラーム)が便利なので、月に350円払っている有料会員なのですが、先日リリースされたバージョン2.0.0になってから、リポーターに登録しないと天気予報を見ることが出来なくなってしまいました。

中には自分で現在地のお天気をリポートしたいと思う方もいらっしゃると思いますが、とにかく天気予報を見たいだけの人にとっては邪魔以外の何者でもありません。

せめて登録がキャンセル出来れば良かったんです。

登録したくなったら後で設定から辿れるような配慮があれば良かったのですが、有無を言わさず登録を要求され、登録したくなければアプリを終了する以外選択肢がないという、まるで往年のドラゴンクエスト1で竜王から世界の半分をもらうことにしたら画面が真っ暗になってリセットを押す以外にどうすることも出来ないような状況です。



ITmediaの記事によれば、近いうちにリポーターの会員登録をせずとも使えるように修正が入るとのことですが、それが一向にリリースされないのでかなり困っています。

ITmedia:ウェザーニュースタッチ 「空でつながる」コンセプトの真相(前編)から一部引用:

ウェザーニューズの石橋氏は、今回のバージョンアップが「お行儀の良い気象会社から、アグレッシブに転換しようとしていた矢先のバージョンアップで、少し急な変化になりすぎてしまった面がありました」と話す。ユーザーの意見は真摯に受け止め、可能な範囲で要望を反映していきたいという。「空気が読めない会社になるつもりはありません」(石橋氏)。会員登録をしなくてもアプリが利用できるよう、一部機能を調整したバージョンを近日公開予定だ。

「App Storeのレビューは、利用者の反応を伺う上で、一つの重要な情報と認識しています。たくさんの人に使っていただける気象情報を提供するため、日々サイトからいただいているご意見等とあわせて、今後のバージョンアップにつなげたいと考えています」(石橋氏)

他にもお天気アプリを使っていますがそれは二次的なもので、なんだかんだとウェザーニュースタッチiconを一番使っていただけに早急に修正をお願いしたいです。


それとApp Storeの【よくあるお問い合わせ】に注意書きがあるのですが、スマートアラームをONにしているとGPSが常にONになるというのは前のバージョンからそうだったのでしょうか。

記憶が確かではないのですが、同じく注意書きにある通りバッテリーの消費が早くなるのでぜひ改善をお願いしたいのですが、技術的にこれは難しいのかも知れません。


・・・でもヘンだな。

スマートアラーム対象地域を設定する際にGPSを使うのは分かりますが、一回設定してしまえばGPSを改めて使う必要があるのでしょうか。

何かヘンだな。

投稿者 D.S : 00:50 | コメント (2) | トラックバック (0)




2012年8月 7日

MacBook Air(Mid 2012)13inchご到着 #AppleJP #OSXjp

今使っているMacBook Air(Late 2010)と箱も外観も全くかわらないので、正直感動は薄いのですけど、それでもやっぱり新しいMacには心踊ります。



まずやることはそっと本体を取り出し電源ON。

OS X Mountain Lionがプリインストールされてることを期待しましたがやはりLionでした。残念。

そういうわけでSDカードにOS X Mountain Lionインストールディスクを作成しておいたので早速こちらで再起動。

SSD初期化後クリーンインストールを始めます。


インストールの方は問題なく完了しLate 2010の方からデータをコピー。

わかっていたけどWi-Fi経由なもんでむちゃくちゃ時間がかかる。

あとで気がつきましたが、Time Capsuleにバックアップしているので、Mid 2012を有線にしてTime Capsuleからコピーすればよかった。そしたらもっと短時間でできただろうに。

でも違うMacからだとデータが見えないかな。


Late 2010から違う点は、まだ恩恵を受けていないUSB 3.0とThunderbolt。そして、嬉しいのがAirPlayミラーリングとPower NAP、バックライトキーボードですかね。

バックライトキーボードはやはり便利。MacBook(Late 2008)には付いていて、それに慣れていたのでMacBook Air(Late 2010)でなくなったときはちょっと微妙でした。ちょっとだけですけどね。

Power NAPはへぇ〜なるほど、みたいな感じですが、AirPlayミラーリングはニコニコ動画がテレビに映せて便利です。

iPhoneやiPadはAirPlayミラーリングができるので、そっちでニコ動をテレビに映せなくもないのですけど、本体がかなり熱くなるのでなんとなくね。てかそもそもニコ動とニコ生アプリはAirPlayに対応して欲しいんですけどね。

しかしこの機能、OS X Mountain Lionの機能なので、インストール可能機種全てで出来るのかと思っていたら違うんですね。あとPower NAPも最近の機種じゃないとできないみたいだし。


Power NAPについてはこちらのサイトにあるパッチを当てるとMacBook Air(Late 2010)でも使えるようになるようですけど、オフィシャルのものじゃないし、リスクがありますね。

もともとPower NAPはLate 2010対応で開発が進んでいたようで、先のサイトにあるパッチはOS X Mountain Lionのベータ版に含まれていたもののようですが、正式リリース時に外されたとなると何らかの問題もあるかも知れません。


MacBook Air(Mid 2012)の話とはそれますが、クリーンインストール後のセットアップ過程でいくつか気がついたことがありました。

まずNorton AntiVirus 12ですがインストーラが動きませんでした。



これについてはシマンテックのサポートに情報がありまして、最新のインストーラをダウンロードし、そちらを使えば良いようです。


あと、MacBook Air(Late 2010)に付いてきたUSBのインストールディスクに入っているiLifeのインストーラも動きませんでした。たぶん同じ理由でしょうね。

Mountain Lionをクリーンインストールしなければ、復元システム(Recovery System)からiLifeもきっと再インストールできたと思うのですが、いまとなっては・・・って、あれ?復元システムあるじゃん。



あれ?ここからもしかしてiLife再インストールできるかな?

・・・と思いきや、「復旧-10.8」となってるので、おそらく出荷時にSSD内にあったLion+iLifeが入っていた復元システムはきれいに消滅したのでしょう。そらそうだ。

ということで、バカなことをやってしまいましたが、iPhotoだけ別途Mac App Storeから購入致しました。

い、いや、Mac App Storeから購入しないと、Mac App Storeのアップデートに表示されないのが前々から気持ち悪くてね。それでね。そういうこともあって、いいんだ。


あ、そういえば、一番気になっていたMacBook Air(Mid 2012)のドット抜けですがありませんでした(たぶん)。

良かった。

投稿者 D.S : 19:23 | コメント (0) | トラックバック (0)




2012年8月 1日

MacBook Air(Mid 2012)13inchをオーダーしている

Retinaディスプレイ対応のMacBook Airを待っていましたが、先日より発売されたMacBook Air(Mid 2012)は残念ながらそうではなく、迷いましたがMacのRetinaはいろんな意味で時期尚早なんだと勝手に結論付け、MacBook Air(Mid 2012)13inchをオーダーすることにしました。

この製造番号のものが一年は続くだろうという読み。


ストレージの容量はいま使っているMacBook Air(Late 2010)と同じく256GBのままにしました。これで特に困ったことがないので。

ただ、Late 2010を買ってしばらくして後悔したことと言えばメモリの容量。

2GBのままだったんですよね。

CTOして容量増やせば良かったと後で後悔。

そういうわけで今回は、増やせるだけ増やして8GBにしました。

僕が使う上では、CPUの性能アップよりメモリの容量のアップの方が効く。


といいつつ、CPUの方も2.0GHzにアップ。

CTOでCPUとメモリはMAXまであげました。

  • 2.0GHzデュアルコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)
  • 8GB 1,600MHz DDR3L SDRAM
  • 256GBのフラッシュストレージ
  • TBolt to G-Enet Adapter 065-C080 None
  • VGA Adapter 065-C0T9 None
  • バックライトキーボード (JIS) + 製品マニュアル
  • アクセサリキット


あと、最後の最後まで11inchにしようかどうか迷いましたが、iPadがあることですし、13inchに落ち着きました。


中国から発送されたのを確認したので、明日には届きそうです。

OS X Mountain Lionがプリインストールされていると嬉しいのですけど、たぶん間に合っていないでしょうね。

さきほどSDカードにOS X Mountain Lionの起動ディスクを作成したので、届いたらまずクリーンインストールです。


ところで、MacでもiPhoneでも、新調したときにいつも気になるのが液晶のピクセル異常、つまりドット抜けです。

幸いここずっと、MacもiPhoneもiPadも、きれいなディスプレイを手中におさめ大変満足なのですが、今回購入するMacBook Air(Mid 2012)はどうなることやら。

そんなことを考えながら、「ドット抜け」みたいなワードでGoogleしているとこんなAppleのサイトにたどり着きました。


2010 年以降に発売された Apple 製品の液晶 (LCD) ディスプレイのピクセル異常について


これは初めてみました。

これは2010年”以降”に発売されたApple製品について書かれたものなのですが、2010年”以前”のものについて書かれたものもありまして、こちらはドット抜けは致し方がない的な締めくくりなのですが、2010年”以降”の方は、記述を見ると、もしドット抜けがあったとしても、Appleに駆け込めばなんらかの処置をしてくれる期待が持てそうなものになっています。


実際、2010年の7月に購入したiPhone 4には、ドット抜けというか液晶にゴミが入っていて、Apple Store渋谷で相談したところ本体ごと無償で交換してくれました。

投稿者 D.S : 22:51 | コメント (0) | トラックバック (0)