top page | とりこのすすめ





2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

ピックアップ

最近のエントリー

最近のコメント

アーカイブ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 6.1.2

Copyright info@Mackers & D.S,
All rights reserved.

お問い合わせはこちらから。

« ドコモオンラインショップで購入したiPhone 6 128GBシルバーがやっと届いた | メイン | ほこりが入り込んでいるiPhone 6を交換してきた »

2014年9月21日

またしてもドット抜けがあったiPhone…

ドット抜けなのかほこりがはいってしまったのか、そんな理由はどうでも良いのですが、またしてもドット抜けみたいなのを発見してしまいました…。

人になんて言われようとも、買った時から液晶に不要な点が存在することに対してすごく気になる性分で、過去のiPhoneについても購入直後にまずチェックして、ドット抜けがあれば交換をしてもらっています。

それぐらい…とおっしゃる気持ちも分かりますが、分かるだけで僕自身はたまりません。

いつの頃からか、iPhoneにそのような問題があった場合、Appleは無償で交換してくれるようになりました。それならちょっと面倒くさいですが、足を運んで処置をしてもらったほうが賢明です。この状態で次のiPhone、つまりおそらく1年後まで我慢しているなんて絶対無理です。

いつもなら、すぐさまクルマで渋谷に乗り込むところですが、実は例年、このような悩みに遭遇するので、今年はあらかじめApple Store渋谷のgenius barに予約をいれていました。

そういうわけで、予約時間に間に合うようにクルマを走らせ、渋谷に行く予定。

なんだか申し訳ない気持ちにもなるし、行ってこれは交換できないなんて言われたり、もしくは交換できたとしても補修品がなくてその場で新品と交換できなかったりすること考えると心が暗くなりますが、少なくとも今までは、交換もしてくれたし補修品もあったのでその場で新品と交換してもらい、その後は楽しいiPhoneライフとしゃれこめました。

今年はどうなることやら…。気分がすぐれません…。

投稿者 D.S : 2014年9月21日 15:57


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.infoatmackers.jp/weblog/mt-tb.cgi/1428


コメント




保存しますか?