top page | とりこのすすめ





2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

ピックアップ

最近のエントリー

最近のコメント

アーカイブ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 6.1.2

Copyright info@Mackers & D.S,
All rights reserved.

お問い合わせはこちらから。

2009年1月12日

4回目の筑波コース2000

2年前にFSWショートコースでクラッシュして以来、ついにこの日がやって参りました!首もやっと完治し、今では痛みはありません。

というわけで、筑波のコース2000を走ってきました。

月日が経つのは早いもので、2年ぶりという感覚はなかったのですが・・・ちょーヘタクソになってました(;´Д`A ```

ヘタクソと言うか、なんかやっぱり前回が前回だけに、ビビってました。そのおかげで全然踏めなくて、なんかただただ走っているといった感じ。

3セッション走って、最後のセッションは慣れてきて少しはマトモになったようにも思いましたが、なんか全然だった。

とは言えやっぱりサーキット走行は楽しいですね!また春くらいに走りたいです。

投稿者 D.S : 16:15 | コメント (2) | トラックバック (0)




2007年4月 2日

Re5:サーキット走行 初めてのFSWショートコース

次の日、朝一番で病院へ。受付で状況と症状を伝えて、整形外科と脳神経外科で診てもらうことにしました。

それとレントゲンとCTスキャンも。これは希望しましたが、たぶんどのみち撮ることになってたと思います。MRIも受けてみれば良かったかな。

CTスキャンは初めての体験でちょっと緊張しましたが、昔から偏頭痛持ちで、頭ん中どうにかなってるんじゃ?といつも気になっていたので、ある意味良い機会でした。

診断結果は脳震盪と頸椎捻挫。骨にも異常はなかったし、内出血などもしていなかった。良かった・・・。

それから現在。まだ完治とまではいきませんが、概ね通常通りに過ごしています。同じ姿勢をずっと続けると辛かったり、首に対して無理に力がかかると「ピリッ」と痛かったりしますけど、それももう気のせいなのかも知れませんね。

・・・さて。いやいや、長々とシリーズみたいに書いて来ましたけど、総括(?)するとアレですね。何事も、一生懸命になってがんばることはとても良いことだと思います。でも、それで何かをフイにしてはいけないのですね。

きっと一生懸命の中にも、実はさらにレベルがあるのでしょう。そしてその最高点である、ある一歩を超えてはいけないのだと思いました。

そういう紙一重なところを見極めながら、今後もクルマを走らせていきたいですね。・・・とはいっても、思ってみても、タイムに目がくらんで、そうはいかないのが人間・・・かな。


難しかったな。

投稿者 D.S : 00:27 | コメント (0) | トラックバック (0)




2007年3月28日

Re4:サーキット走行 初めてのFSWショートコース

忙しさにかまけてどこまで書いたのか忘れてしまうくらい間が空きましたが、備忘録な要素も含めて続けてみますか。

・・・えーと、前回はサーキットを去るところまでか。

帰りは特に渋滞に巻き込まれるでもなく、意外とスムースな道のりでしたが、頭痛に加えて今度は首が痛くなってきました。

前後、いずれにしろ荷重がかかると、ちょうど首の付け根あたりの部分に「ピリッ」とするような痛みが走り、そうで無い時もひどい筋肉痛なような状態でだんだんと首を動かすのが不自由になってきました。

首を動かさなくても首から肩にかけてひどい鈍痛が常時。固定姿勢もつらくなってきます。

これがむち打ちか・・・。治らなかったらどうしよう・・・。とか、結構不安になってきました。「ピリッ」という痛みは、なんとなく治療すれば治るのではないかと楽観視していましたが、首から肩にかけての鈍痛は、もしかすると尾を引くのでは・・・なんて。

そんな不安を感じながら、なんとか無事に帰宅することができました。ショックからくる疲労で、とっとと寝てしまいたい気分でしたが、あいからわず頭痛は収まらず、首もしんどさが増してくるので、やはり病院に行くことに決めました。

しかし既に夕方。しかも日曜なので、空いている病院は救急対応してくれる病院に限られます。

幸い、かかりつけの総合病院が救急対応の病院だったので、とりあえず電話をして診てくれるかどうか尋ねてみました。

ところが手いっぱいで診れないとのこと。よそをあたってくれと。や、ここまで冷たく言われたわけではないですが要するにそういうことで、診てもらえませんでした。

そうなってくると余計に不安になってきて、近場の救急対応な病院を片っ端から調べて電話してみたのですが、どこも無理だと。そうですか・・・。

ただ救いだったのは、1件、電話なのに親身に病状(?)を聞いてくれて、その状態ならば明日の朝一番で病院へ行っても遅くはないですよと言って下さった病院があり、診てもらえなくともメンタルな面で非常に楽になりました。

この一言があるのと無いのでは、ホント、メンタル面でかなり違ったと思います。ありがとうございますと感謝で今もいっぱいです。

・・・そういうわけで、その日は病院で診断してもらうことはかなわず、とりあえず安静にして翌朝病院へ行くことにしました。

その時点で、頭痛は多少は良くなって来ていたと思います。首、肩はうなぎ上り(?)にひどくなってきました・・・。


グッドラック。

投稿者 D.S : 02:52 | コメント (0) | トラックバック (0)




2007年2月25日

Re3:サーキット走行 初めてのFSWショートコース

サーキットを去る前に、コントロールセンターで弁償の手続きを。

走る前に保険の加入を勧められますが、これは傷害保険で、対物や車両保険ではありません。なので、ガードレールの弁償は自腹になります。もちろんクルマも自腹ですよ・・・。

レール4枚に支柱1本で166,000円ナリ・・・。後日振り込みです。(これを書いている時点で既に振込済み。)仕方ありません。

書類にサインをして、主催者さんにあいさつ、そして帰路につきました。シートベルトが効かないので慎重に・・・。

この時までは、頭痛がひどかったのですが、後に首がひどくなってきます・・・。


なお@ガレージさん号を追いかけるD.S号。追いつけません・・・。

投稿者 D.S : 14:37 | コメント (0) | トラックバック (0)




2007年2月12日

Re2:サーキット走行 初めてのFSWショートコース

頭痛はひどいけど、それ以外は特に問題なく、クルマもフロントバンパーがムチャクチャになっているものの、足回りは無事だった(と思われる)ので、自走して帰ることにしました。

煙が出たけど燃えたとかそういうのでは無かったです。でもあれは何の煙だったのやら。ともかく帰宅準備することに。

まずはフロントバンパーをガムテープで固定。あらら、ナンバープレートも曲がってるし。あら?よく見るとヘッドライトも圧し込まれてるしフェンダーも歪んでる・・・。

ボンネットも、フックにはひっかかるけど「カチっ」とはまらない。やっぱりフロント周辺の外側はもうダメね・・・。しかしこれでよく内部が無事だった(と思われる)なぁ。ラジエータとか、全く損傷無しだし。

続いて中。まずは膨らんでいるエアバックをしぼませる。ある程度までしかしぼますことができないので、ステアリング切る時に邪魔になる。しょうがない。助手席の方もエアバック開いたのでそれもしぼます。

他は特に損傷は無いなと思っていたら、シートベルトがロックされて引けない。あと、助手席側の内ばりが一部割れている。なんだろこれ。エアバックが開いた影響かな。

最後にエンジン始動。・・・特に問題ない(と思われる)ようだ。

それにしても頭が痛い・・・。


A-1ルート第1コーナーです。ずっと下り。

投稿者 D.S : 15:24 | コメント (4) | トラックバック (0)




2007年2月11日

Re:サーキット走行 初めてのFSWショートコース

FSWショートは、クラッシュしたら外に出ないで車内でレスキューを待つのがルールなのですが、モクモク煙が出てる状態でそれはヤバいので、とりあえず脱出。ガードレールを乗り越えて、安全なところへ退避しました。

しばらくしてレスキューが来て、とりあえず自走できる状態だったので指示に従いピットエリアへ移動。その時はたぶん、興奮状態だったのか、体の痛みに気づいていませんでした。

ピットエリアに戻って来てクルマの状態を見ていると、だんだんと頭がガンガンしてきます。もともと偏頭痛持ちなので、頭痛は珍しいことではないのですが、ヘルメットごしにエアバックへ直撃した額と、その周りから左の側頭部にかけて痛みがひどくなってきたので診てもらうことにしました。

ショートコースから救急車で場内のメディカルセンターへ搬送。そこで色々診てもらいましたが、簡易的な診断では問題はありませんでした。

住所、氏名、年齢、クラッシュ時の状況。これが普通に答えられないと何かおかしいですよね。ちゃんと答えられました。

視覚テスト。物がはっきり見えているかどうか。これも問題無し。次に握力。これも問題無し。感覚テスト。足を棒でつついてもらって、それが右足なのか左足なのか、または足の内側なの外側なのか。これも問題無し。

もっと詳しい診断となると病院へ行かなくてはならないのですが、FSW近辺の病院で診断を受けるとなると、何かとややこしいので、とりあえず帰宅することにしました。


最終コーナーです。下ってるので、思いのほかスピードがのっちゃう。

投稿者 D.S : 15:46 | コメント (0) | トラックバック (0)




2007年2月 6日

サーキット走行 初めてのFSWショートコース

結果から言うと、BEST LAPは37.799でした。速くはないけど、初めてにしてはまぁまぁかな?と、勝手に思っています。

・・・がしかし、4セッション走る予定でしたが、3セッション目でクラッシュしてしまいました・・・。インフィールド抜けたところでコースオフして、グラベルに入ったのですが、そこで無理に体制を立て直してコースインしようとしたところ、すべってしまい、ガードレールに真正面から直撃。エアバックも開く勢いで、車内からは煙がモクモクと・・・。

・・・とりあえずドライバーは生きています。


今や在りし日の・・・。

投稿者 D.S : 00:48 | コメント (3) | トラックバック (0)




2007年1月10日

サーキット走行 3回目の筑波コース2000 2007年サーキット走り初め!

行ってきました1/8筑波2000!祝日と言うこともあり、定員オーバーで一時はキャンセル待ち状態でしたが、なんとか初走りにありつけました!


もー、サイコーに良いコンディションでしたよ。


左上のワンコに焦点がいってるような気もしますが・・・。てか、あれ?なんかホイールが・・・?


第1ヘアピン。本日ここで1台クラッシュ・・・。他でも2台・・・。


毎度おなじみのアングルですね。


真正面から。後ろからアルファが迫ります!


走行終了後。・・・ん?なにやらな固形物が・・・。タイヤカスですね。

20分のセッションを2回走り、BEST LAPは1,10.619でした。前回よりも1秒以上アップ。

走り初めとしてはタイムアップを果たせたので良かったのですが、1セッション目は前がつまって不完全燃焼で、2セッション目はいきなり赤旗で走行中断になったりして、思う存分の走行とは行きませんでした。クリアラップも1回のみでしたし。

・・・今回はもっとイケたと正直思いましたよ。前回より「うわぁ〜、全然走れてないなぁ・・・。」と思った1セッション目も、前回のBEST LAPを更新して1,11.281で、あれっ?こんなもんで??なんて思ってりして、さらに2セッション目は「よしっ!そろそろ〜っ!!」って思ったところで終了して1,10.619でしたし。

・・・んー、でも、サーキット走行ではこんなのありがちな話で、そんな中みんなすごいタイムをたたき出しているので、今後はわずかなクリアラップに、持てる力を注げるように精進していきたいです。

でもとにもかくにも、ケガなく故障なく、ぶつけることなく、初走りを終えられて良かった・・・。

それが何より。

投稿者 D.S : 01:49 | コメント (2) | トラックバック (0)




2006年10月21日

サーキット走行 2回目の筑波コース2000(番外編)

デジカメで撮ったのを、YouTubeにアップしてみました。短いですけど。

いやしかしアレですね。1月くらいまで、月イチでサーキット走行を予定(あくまで)してたりするのですけど、水温計、油温計はやっぱつけないとまずい。カレスト座間で軽く見積もってもらったらコミコミで7万オーバー・・・。すぐに手が出せないよ・・・。

投稿者 D.S : 22:52 | コメント (0) | トラックバック (0)




2006年10月20日

サーキット走行 2回目の筑波コース2000

夜勤明けにも関わらず、どうしても走りたくてエントリーしました。けどやっぱしんどかった・・・。


パドック内で1セッション目の待機中・・・。ピースサインとかしてますが、ちょっと緊張気味。


2セッション目の待ちです。実はかなりヘロヘロ状態です。

20分のセッションを2回走り、BEST LAPは1,11.711でした。前回よりも3秒近くアップしてますが、たぶん気温と路温、あと一回目から色々と学習したため、それが生きたのかな。


S字から第1ヘアピンへ。


ゼッケン取れそう・・・。


うしろからS2000が・・・。

とりあえず次回は10秒を切りたいです。今回走り方を悩む以前に、自分で「失敗したなぁ〜」と感じるところが結構多くて、反省点が多い走行になりました。特に突っ込み過ぎでコーナー立ち上がりがなんともお粗末になるケースが多かった。次回はその点を留意して望みたいですね。

投稿者 D.S : 22:40 | コメント (0) | トラックバック (0)




2006年7月31日

サーキット走行 初めての筑波コース2000

初めて筑波サーキットコース2000を走ってきました。サーキット走行やっと2回目です。


パドックで待機中。


もっとがんばれるはず!?


ちなみにこれと一個上の写真は、写真屋さんが撮ったものです。場内で「撮ったんだけど買います?」と聞かれて買いました(笑)。

20分のセッションを2回走り、BEST LAPは1,14.732でした。速くはないけど初めてだとこんなもんかなぁ。でも、1年くらい前、初めてサーキットを走った筑波コース1000の時は、楽しかったは楽しかったけど不完全燃焼に終わりましたが、今回は気持ちよく走れたので満足度は高かったです。

しかしアレですね。上まで回らないZ33は、コース2000になるとつらくなってきますね。もうチョイのところで吹けきっちゃうので、シフトを余計に1つ上げないといけなくなる。せめて7500rpmまで回ってくれるとだいぶん違うだろうなぁ・・・。

・・・ってことで、走りながらシフトアップするかしないか迷ったり、あと、シフトアップしたくないからアクセルオフしてみたりと、すっきりしないところが出たので、次の機会にこのあたりの走り方を確立してしまいたいですね。そうすればもうちょっと速く走れると思う。

・・・でもまた違う課題が出てくるんだろうなぁ。

投稿者 D.S : 22:06 | コメント (2) | トラックバック (0)




2005年7月 9日

初めてのサーキット走行 筑波コース1000

初めてサーキット走行してきました!場所は筑波サーキットのコース1000。

もー前日からワクドキでしょうがなかったんですが、とにかく面白かったぁ。

午後からの走行で、参加台数が36台(12台ずつに分かれて走りました)も居たので、あまり多く走れなかったけど、ちょっと興奮を抑えきれませんでした。

初心者のクセにそれっぽいこと言ってナンですが、インフィールドから最終コーナー立ち上がりまでがイメージ通り走れなかったです。

インフィールドで3速まで入れて、信号機目がけて走っていくのですが、信号機が近づくにつれて、たぶんビビってるんだと思いますが、減速しすぎちゃいます。

なので、最終コーナーがやたら遅くてグデングデン。

信号機ばっか見てないで、次の最終コーナーを見ながらコーナリングすれば必要以上な減速をしないでいけるんでしょうなぁ。でも見ちゃうんだな(笑)。

・・・で、結局タイムは51秒466でした(爆)。おせーおせー。

いやいやいやいや。初めてだとこんなもんだと思いますけど、もうちょっとね・・・。いや、言い訳ですけど、やっぱ前が詰まってるんですよ。ホントだって。混み混みなの。

まだコース上で前のクルマをうまくパスする技術が備わってないので、やっぱぶつかりそうな気がして簡単にはパスできません。だから減速しちゃうよ。

参加台数多いから13周しか走れなかったしさ・・・。途中から雨がザーザーでケツふりふりでコエーしさ・・・。

あーそういや、ヘアピン進入の際、オーバースピードでコースアウトしちまいました・・・。クルマのダメージはなかったですけど、その分タイムロスしちゃいました・・・。

まーなんか、ちょっと消化不良だったけど、とにかくまた行きたい!走りたい!今度はもっと走りたいなぁ。闇雲に走ってもタイム出ないと思うけど、今回初めて走ってみて、色々試してみたいこといっぱいあるしね。

次はいつ行けるかなぁ。カネもかかるし・・・。


午前中はジムカーナ場を使ってのコーナリングの練習。


まだまだ限界じゃないですね。


さてコース1000。ピットレーンで待機中・・・。


最終コーナー。どこのライン走ってんだ?(爆)


どアップ!


フルスロットル!もう空が暗い・・・。


雨が降ってまいりましたよ・・・。

投稿者 D.S : 18:23 | コメント (0) | トラックバック (0)




2005年5月18日

サーキットの子羊 誕生編その2

荷重移動って、公道で楽しくドライブ〜♪なんて感じな時は気にしないよね。

・・・てか気にしたことなかった。みんな気にして走ってるんだろか?もしいるとしたら、クルマのことをよく知ってる人なんだろね。

でも交差点とかで、何気にやってるアレ。あの、ホラ、ブレーキ踏んで、停まる寸前に「抜く」っての。アレさ。そうすると、「ガクっ」って停まるのを防げますよね。

「抜く」ってのはなんてか、クルマが停まる寸前でペダルから微妙に足を引く動作、みたいなことなんだけど。なんか分かります?表現難しいけど。

アレが荷重移動につながってるんですよね(理解間違ってる?)。

ブレーキをグっと踏むと荷重が前に行く。で、停まる寸前でブレーキを抜くと荷重がリアに移動する(し始める)。

これが荷重移動なんだ。そうなんだ。

交差点で停まるのに、荷重移動なんて関係ないんだけど、何気なくやってる操作が、荷重移動だったんだね。

あーだから分かってますよ。交差点で停まるのに荷重移動とか関係ないの。でも、あの操作が荷重移動なんだな、って思ってさ。

そう教えてもらって荷重移動の意味が頭と体で少し理解できた、かな?

投稿者 D.S : 00:08 | コメント (0) | トラックバック (0)




2005年5月15日

サーキットの子羊 誕生編その1

何やらコソコソと・・・。


ヘルメットはArai GP-5S。グローブはDESSPEED DES-611というのです。どっちもFIA公認。

グローブはいいとして、フルフェイスなんてかぶったことないから、頬の下辺りのアゴがグっと締め付けられる感じで違和感があります。

・・・これからどうなって行くんでしょう・・・。ちょっとワクドキ。

投稿者 D.S : 01:39 | コメント (0) | トラックバック (0)