top page | とりこのすすめ





2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

ピックアップ

最近のエントリー

最近のコメント

アーカイブ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 6.1.2

Copyright info@Mackers & D.S,
All rights reserved.

お問い合わせはこちらから。

« 2007 SUPER GT 第3戦 富士 なんちゃってレポート7 | メイン | 2007 SUPER GT 第3戦 富士 なんちゃってレポート9 »

2007年5月12日

2007 SUPER GT 第3戦 富士 なんちゃってレポート8

いよいよ決勝レーススタートです!


フォーメーションラップ前の日産勢。


関係者を含めてのグリッドウォーク。すんごい人!この辺りからはテンションもMAXです!


おや?日産勢の前にひょっこり現れたこの人は・・・。もしや昨年と同じ・・・?


やっぱり!#1 宝山 TOM'S SC430 Mr.ファイナルラップ脇阪選手です!!ブログで日産ファンから脇阪選手宛に、ホンダNSXが速いからなんとかしてくれとメールが来てる件について、「本山選手に言ってくれ!(笑)。」と言ってましたが、この現場でも同じことを言ってました。ホラ、日産ピットに指を指しているでしょう(笑)。


さてグリッドからは徐々に人が離れて行き、いよいよスタート!

・・・スタートからフィニッシュまで、色々なことがありました。赤旗中断なんて、GTの歴史でもずいぶんと久しぶり。荒れたレースとなりました。しかし、その荒れ模様が、予選、下位に沈んだNISMO勢にとって良い方向に進んだことは間違いありません。

レースは予選では決して決まらないのです。決勝こそが、結果を決める唯一の場だと、改めて痛感した一戦でした。


108周となった本レース。トップチェッカーをまさに今受けた #23 XANAVI NISMO Z!!これでポイントランキングはいっきにトップ!!!


ウイニングランから帰って来た#23。本当に待ってたよこの一勝。富士でのこと?ううん、僕の目の前で勝ってくれた初めてのレース。本当にうれしかった・・・。


おまけに#23、#22のNISMO 1-2フィニッシュなんて、これ以上無いよ!


500kmと言う長丁場を終えた#23。お疲れさま。


#22もそうだね。#23と#22は、チームオーダーなしで対決するシーンも数多く見受けられ、本当に楽しいレースでした。


#12もお疲れ。タイヤのトラブルが無ければ、結果もまたどうなっていたことやら。


ポディウムに現れた#23の本山選手とライアン選手。


トロフィーを掲げて、優勝を体一杯で!!

本当にお疲れさまでした#23!そしてありがとう日産勢、そして全てのGTドライバー達、ありがとう!!

投稿者 D.S : 2007年5月12日 15:42


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.infoatmackers.jp/weblog/mt-tb.cgi/253


コメント




保存しますか?