top page | とりこのすすめ





2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

ピックアップ

最近のエントリー

最近のコメント

アーカイブ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 6.1.2

Copyright info@Mackers & D.S,
All rights reserved.

お問い合わせはこちらから。

« 2008 SUPER GT 第3戦 富士 なんちゃってレポート 決勝日入場編 | メイン | 2008 SUPER GT 第3戦 富士 なんちゃってレポート 決勝日ピットウォーク編 »

2008年5月 7日

2008 SUPER GT 第3戦 富士 なんちゃってレポート 決勝日フリー走行編

前日の予選では、一番応援している#23 XANAVIは13番手と下位に大きく沈みました。

理由はいろいろありまして、今回、GT-R勢は特別性能調整が前戦+50kgより拡大し、デフォルトで+80kg余計に積まされ、最低重量1,180kgになります。(SC430は1,100kg、NSXは1,140kg、出典:NISMO | MOTORSPORTS / SUPER GT 2008

さらに#23 XANAVIは、前戦の第2戦で勝ち、さらに予選ではポールポジションと凄まじい成績であったため、第2戦時にあったウェイトハンディ+55kgに+50kg+10kgで+115kgとなります。

この結果、単純計算では第3戦#23 XANAVIは1,295kgとなります。しかし、2008 SUEPER GTのレギュレーションでは最大積載量が1,200kgと定められているため、それを超す場合はリストリクターでの相当重量制限となります。

つまり第3戦富士、#23 XANAVIは、特別性能調整で1,180kg、さらにウェイトハンディで+20kg、そのうちリストリクターの制限で+95kg(ウェイト+95kg相当)を課せられることになります。

課せられる理由 #23 XANAVI GT-R #36 PETRONAS SC430 #1 ARTA NSX
第3戦から適用される特別性能調整を加味した最低重量 1,180kg 1,100kg 1,140kg
第2戦時のウェイトハンディ 55kg 20kg 0kg
第2戦予選の結果(#23 ポールポジション) +10kg +0kg +5kg
第2戦の結果(#23優勝) +50kg +10kg +20kg
第3戦時のウェイトハンディ 1,295kg 1,132kg 1,165kg
※1,295kgのうち、95kgはリストリクターの制限による95kg相当のハンディ。

このように、#23 XANAVIは他車より異様にハンディを背負っている状態なのです。

決勝日のフリー走行を観ても、それは明らかでした。直線はまるでGT300クラスのようで、ヘタをするとGT300のポルシェ勢とそう違わないくらいの遅さでした・・・。

フリー走行の結果は16位。ともかくしょうがないです。

・・・がしかし、性能調整、本当に必要なのかと疑問を感じます・・・。

投稿者 D.S : 2008年5月 7日 22:31


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.infoatmackers.jp/weblog/mt-tb.cgi/889


コメント




保存しますか?