top page | とりこのすすめ





2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

ピックアップ

最近のエントリー

最近のコメント

アーカイブ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 6.1.2

Copyright info@Mackers & D.S,
All rights reserved.

お問い合わせはこちらから。

« Steve Jobs is Back. | メイン | Norton AntiVirus updated for Mac OS X 10.6 - LiveUpdate available now »

2009年9月15日

夜食べると太る、の件

ビールは太る、と同じくらいよく言われているのが夜食べると太る、であります。


J-CASTニュースより一部引用:

ところで、夜遅くに食べない方がいいと言われる理由はいくつかある。

1つは食べた後すぐに寝るとエネルギーが消費されないからだ。食後2、3時間は起きているのが望ましいとされている。また、自律神経が肥満とも関係している。自律神経には交感神経と副交感神経があり、寝ている間は副交感神経が活発になる。すると体は「お休みモード」に切り替わり、翌日に向けて脂肪をためこもうとする。夜間には食べた分は脂肪として蓄えられやすくなる、というわけだ。


定期的にこの手の記事を見かけます。


見てはハッとし「気をつけようと努力する」のですが、結局のところ長く続きません。


夜食べないって難しいよねぇ。


早めに食べても良いんだけど、結局後で腹減るし。




ところでビールは太る、の方は、ビール自体の問題でなく、ビールと一緒についついおつまみを食べてしまうところに原因があるようです。


俗に言うビール腹は、ビールが原因ではなく、おつまみによる副作用だそうです。

投稿者 D.S : 2009年9月15日 20:00


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.infoatmackers.jp/weblog/mt-tb.cgi/1149


コメント




保存しますか?