top page | とりこのすすめ





2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

ピックアップ

最近のエントリー

最近のコメント

アーカイブ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 6.1.2

Copyright info@Mackers & D.S,
All rights reserved.

お問い合わせはこちらから。

« クーラントが吹き出した件 | メイン | 麺創研かなで 紅 -KURENAI- 紅らーめん »

2011年8月13日

オーバーヒートとクラッチ修理のため入庫

Central 20に入庫しました。

冷却水が吹き出した原因は電動ファンの不良によるオーバーヒートでした。

Z33の電動ファン不良は結構事例ありますね。

検索したらむちゃくちゃ引っかかる(;´Д`)

処置としては電動ファンを交換してもらい、吹き出した冷却水を入れなおしてもらいました。


次にクラッチ。

これは冷却水の件とは無関係なのですが、ずいぶん以前からこの現象に悩まされてきました。

ここでも何度かクラッチがおかしいと言っていたのですが、2年前の車検の際に、クラッチをオーバーホールしてまして、それで直るだろうと思っていたのですがその後も時折症状が出る始末。

どういう症状かと言うと、クラッチは切れるのですが、走っているとクラッチの踏み応えがだんだんと深くなっていって、ペダルが戻ってこなくなるというものです。

これについてはエア噛みの可能性があり、一回目の入庫の際に(そう、二回入庫しました)エア抜きをしてもらって(結構エアがはいっていたそうです)様子を見ることにしたのですが、引き取り後再発してしまったので、マスターシリンダーとオペレーティングシリンダーを交換してもらいました。

交換後は現象は全く再発しなくなり快適です(*´д`*)


もっと早くにCentral 20さんにお願いすれば良かった・・・。

来月あたりに車検でまたお世話になる予定です。



一回目入庫時。


二回目入庫時。


てか、たしか最後にクラッチフルードを交換したのはディーラーだったはずなのですが、エア抜きもちゃんとしてくれてないなんてこれだからディーラーは・・・(*`Д)


あ、ちなみにマスターシリンダーとオペレーティングシリンダーの交換の様子は、こちらのページに写真付きで紹介されていました。
注:写真はウチのクルマじゃありません。

投稿者 D.S : 2011年8月13日 14:42


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.infoatmackers.jp/weblog/mt-tb.cgi/1269


コメント




保存しますか?