top page | とりこのすすめ





2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

ピックアップ

最近のエントリー

最近のコメント

アーカイブ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 6.1.2

Copyright info@Mackers & D.S,
All rights reserved.

お問い合わせはこちらから。

« Say hello to MacBook Air 13.3(Late 2010) | メイン | 移行アシスタントは難解だ »

2010年12月12日

Time Machineからの復元は難解だ

MacBook(Late 2008)からMacBook Air 13.3(Late 2010)へのデータ復元は、いつもTime Capsuleにバックアップしているデータから、ささっとするつもりであった・・・。


ところが、早々簡単にはいかなかった。



話は長くなるのだが、Time Machineによるバックアップは、バックアップデータを保存する先に共有ポイントを選べないのが致命的だ、


というところから始まる。




なんらかの手段を用いれば出来るようだが、普通に使っている分には共有ポイントにTime Machineによるバックアップができない仕様である。




バックアップ先は通常、個々のユーザアカウントにまつわるフォルダの先に作られる。


D.Sならば、D.Sというフォルダの先にバックアップが作成されることになり、他のユーザーからは見えない。


これらの変更は、Time Machineのバックアップ設定で出来そうにもあるけど出来ない。




それは良いのだが、このバックアップフォルダは別のユーザーが見れないのに加えて、別のMacの同一アカウントからも見れないのだ。


つまり、MacBook(Late 2008)とMacBook Air 13.3(Late 2010)に同一アカウントを作成していても、MacBook(Late 2008)でバックアップしたデータはMacBook Air 13.3(Late 2010)では見れないのである。


おそらくTime Machineは、個々のMac固有情報を見て、見せる見せないを判断しているのだろう。




MacBook Air 13.3(Late 2010)にも同一のアカウントがあるものの、バックアップデータが見れないのでTime Machineからのバックアップは断念。


データ移行アシスタントを使って、MacBook(Late 2008)からMacBook Air 13.3(Late 2010)にデータ移行をするという、なんのためにTime Machineでバックアップをしているのやら?な感じになってしまった。


Time Machineのスコープが、同一Macに限定したもの、と言い張られればそうかとも思うが・・・。


しかしね。

投稿者 D.S : 2010年12月12日 00:35


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.infoatmackers.jp/weblog/mt-tb.cgi/1252


コメント




保存しますか?